古今の人物 名人
ZHUOZHENGYUAN - celebrity
/ 公園の所有者 / 名人 /
文徵明

文徵明(1470——脛)を初め人、字が収まり、しかしながら原詩を終えた後、字行改字子房仲、号を止めて云にレッテル衡山居士、長い豪州(今の蘇州吴县市)人だった。あの絵は、本、詩じや芸術活動期間が長く人になって、呉門ドミニクが代表的だ。唐伯虎、祝枝山、徐祯卿としながら「江南(カンナム)の4大知恵者」(も呉門四知恵者)だった。沈周、唐伯虎、仇英誉と並ぶ「明4社」を発表した。晩年文徵明先生と沈周と肩を並べて、沈周浮上した呉ある指導者である。


小さい顷から、文徵明儒家の文化の厳しい教育、20代に随行した沈周吐き出せだから、22歳に随行した李应祯学と书道、26歳と吴宽学問、広田学诸社で、基礎がしっかりしており、才気のスキルが、包括的だが、科挙出世は数はよそ者は26歳までに53どころか、試験10回査嗣が外れると後に人の推薦を受け、54歳になってやっと上京授期しませんので、翰林(ハンリム)待诏してまたが文まちへ诏しなければならない。彼は続けてきたのは、闇と派閥倾轧博覧強記官界きびしい非情で、3年後に帰郷し、辞意を过ごしているのはグランドコリアレジャー自娱翰墨彼林下の生活を送った。懐かしい、自然、融意趣山川同士が煙风物の中で、「甫田集』を36巻です。


拙政园園(主王献臣デザイン拙政园ように招待し、彼感慨系之するのが、「独自羡望君」だが、長期的には积蕴蓄積されていたが、胸の意识を现実的ではない。本当に込めるだから、彼の非常に積極的に関与する。同時に、文徵明道徳性を高く評価しており、王献臣付き合って、「一生懸命できる文辞阳の二人の言唱酬」を、すなわち「求まることをいい缔轰地」だった。もう一つは、约彼と王献臣共通の感じがあって、それが怀才不遇書き真転向好きという山水、追求予習だったことから、今回の文徵明王献臣の招きでなければならない」としていることから、アトリエへいっててデザインガーデニングであり、これは文徵明今日既知の史料を見ればしたのは初めてだ。彼はそれぞれ明正德八年)、嘉靖七年や二十二年、三十年や三十七年を王献臣5回も描いた拙政园図。既存の『拙政园図』は、嘉靖十二年の第3次作の图册册页、绢本、ページの服装を合わせ、タバコはご远虑いただけますか図には一点で描かれて地として、学科別に一つで詩、その総は、『拙政园詩』や『拙政园図詠」だった。彼はまた、嘉靖十二年(西暦1533年)は、「阳拙政园記」に名称を変え、园内で栽植手作りした藤だった。


文徵明90歳で亡くなったのには、「呉門四知恵者」では最長寿の一人である。90歳の青年に近いした時には、人のために本を絶えずそば、未待を书き终わって、「便にそっぽを向けるのペン端座しで死ぬ」だった。