情報公開動的情報
ZHUOZHENGYUAN - Dynamic
/ 動的情報 / 政府調達 /
拙政園党支部は習近平中国の特色のある社会主義思想集中学習活動を展開している

11月12日、拙政園党支部は局党委員会の配置要求に従って、中国の特色のある社会主義思想集中学習活動を徹底的に学ぶことを展開し、さらに心を凝らして、多くの党員幹事を起こして創業していました。イベントは動画を見る+集中的に勉強する形で行う。拙政園支部は、すべての職場の党員が今回の学習活動に参加しました。

会議では、全党員は中国共産党中組部、中央視連合による優秀な共産党員と先進基層党組織の典型的な事績を反映した特定のテーマ番組「模範3」を見て、優秀な共産党人が初心を忘れず、使命を覚え、平凡な職場で共産主義の事跡を実行することを学びました。党員同志は、模範的な精神を自分の実際の仕事に連れていくことを示している。その後、党員代表は全体の党員を率いて「習近平談国理政」の第1巻の一部の談話の内容を学びました。「人民は美しい生活に対するあこがれは、私たちの奮闘目標である」、「中華民族の偉大な復興を実現するのは中華民族近代以来の大きな夢」、党員同志は真剣に学びましたそしてメモを取る。支部書記の柳唯賢氏は、「習近平新時代の中国の特色のある社会主義思想を貫徹することは、現在と今後の1つの時期の重大な政治任務であり、政治意識、大局意識、核心意識を強化し、意識をそろえる現実的な取り組みである」と指摘する。平同志を中心とした党中央は高度に一致している。最後に、金調代表局の機関党委員会は支部党員に対して具体的な学習要求を提出した。1は、近平治国の理政を運用する方略で私たちの頭を武装することを堅持し、二は習近平治国理政の思想を駆使してわれわれの思想を統一することである。作。支部全体は、在職者が「原作を読むこと、学ぶこと、悟りの原理」を学び、鋭意進取し、庭園の守護者と伝承者を作る。