情報公開動的情報
ZHUOZHENGYUAN - Dynamic
/ 動的情報 / 政府調達 /
拙政園の管理所は五一端午の期間の「清風行動」及び主体責任の実施状況について特定のシンポジウムを展開す

5月29日、蘇州の第14派は紀検監察グループの一行5人が拙政園へ行って、「五一端午」の期間の「風の行動」に対して、専門的な責任の実施状況に対して作業検査を行います。拙政園党支部全体の委員会委員が参加して、支部書記の柳唯賢同志は検査グループに特定の特別な報告をしました。

会議は、党風廉政建設の「主体責任」、「一幕両責任」のテーマをめぐって、早めにつかむことを確保する。第14の派遣紀検の監察組長の陸建栄同志は、党の建設をつかんで、党の風の廉潔政治建設をつかんで、党の書記の第一責任者であるが、1人の責任ではなく、党の書記の主業であるが、他の人の副業ではない。党の建設がクラスの大事なことをつかんで、クラスのメンバーは党の建設と業務の仕事と配置して、同じ研究、同一の検査をしなければならない。仕事ができなくても、チームが出てこないことを保証することができる。会議では、「党内監督条例」に対する学習を強化するには、常に目を見つめ、口をよく言う、前の力に頼ることが必要だという。同時に、教育責任を監視し、よいことを確保すること、不出事を確保しなければならない。

拙政園支部書記の柳唯賢同志の代表部委員会全体のメンバーは、規定と要求に従って、「主体責任」と「一幕両責」を定め、チームを良くし、業務を整え、責任を問う仕組みを厳格に問う。直接責任者の責任を追及し、また関係者の責任を追及し、党風の廉潔政治建設と反腐敗の仕事の諸任務を円満に達成し、本当に規律を通電の「高圧線」にした。