古今の人物公園の所有者
ZHUOZHENGYUAN - The Lord
/ 公園の所有者 / 名人 /
张履谦

3年の光緒(1877)正月、豪商张履谦用六千五百两元汪云峰が現に买い取って、汪锦峰兄弟の春を迎える坊房オタクやオタクの北団地だ。当時、园内を指さして、「绿蓊間預着物の1、2ヵ所、全て欹る」を横の芸の研さんぶりをしようとしたわけでは拙政园中部だった。张履谦建立しなければならない」と、人の「補園」である。


 ローズガーデンの浮上翠閣不知火原は太平天国の忠集まった望楼を三階建ての楼閣をする张履谦建て二階だ。


 张履谦字月阶、苏州人と号し无垢叩「たた」く。先祖の商业を、本人がしゅうと)人脈を経て、経営を利用して、東北部街?蘇州博物館新館ヵ所)にある保裕の質屋だ。宣統元年、蘇州商総会の第4回首相を務めた。彼が献血して郎中azurであり、孫张紫东を返して、小さい京官献血し、中には「文源悬け」看板がかかっている。


 张履谦書画、孫张紫东愛され昆曲嗜がクールだった。張と呉門ドミニク名家に深く交谊に挟まれていて、親しくして、画家顾若波だった。顾鹤逸、陆廉夫などの人はよくとの会合を持ち、が参加した中で、補园せざるを得ないのが念頭に置いた布石だ。俞振飞枚が採用を西席の父俞粟廬に挟まれていて、と俞粟廬切磋琢磨した後、数回にわたって、卅寄席六おしどり館で開催され昆曲完会が開かれた。少年俞振飞は曾和紫東とも共演して公演を行ってきた。

97.jpg