情報公開動的情報
ZHUOZHENGYUAN - Dynamic
/ 動的情報 / 政府調達 /
ノルウェー王と王後の一行は拙政園を見学します

最近、ノルウェーの王ハラル五世と王後ソン雅一行は拙政園を視察し、近い距離で蘇州の古典庭園の魅力を感じています。秋の庭、青い空、青い水、緑の木、金葉、色鮮やかで美しい。園林の楼閣の中を歩いていて、国王と王が美しい景色を絶賛し、ヨーロッパの皇室の到来も中式庭園に再び世界に向かう。

ノルウェーは、新中国と一番早い西洋の国の一つで、1954年10月5日に中国と外交関係を築きました。今回は王と王が4回目の訪中であり、非常に意味がある。ノルウェー国王の訪問代表団の規模は300人以上で、史上最大であるということです。ノルウェーの国家放送局は、「歴史の上でノルウェーがこのような大規模な代表団を派遣したことはない」と書いている。

蘇州に来る前に、ハラル王の夫婦の足どりはすでに敦煌、北京、上海の多くの重要な都市を通って、一連の重要な外事の活動はすでに行程の手配を非常に充実しているが、最後の駅を蘇州に置くことができるのはやはり同じである。王と王の後に江南の名園に対する風采は唯一の鐘があって、やっと今回の蘇州の尋園の行があります。このような大規模な代表団が訪れたことを信じて、両国の関係を新たな段階に進めることができると信じています。