情報公開動的情報
ZHUOZHENGYUAN - Dynamic
/ 動的情報 / 政府調達 /
拙政園管理所は遺産管理センターに協力して全システムの病虫害防止の知識訓練を展開している

梅雨の季節が来るにつれて、雨が多く、湿度の高い気候によって、植物の病虫が患っています。6月8日、蘇州古典園林遺産管理センターに蘇州大学植物保護専門家の劉平教授を招き、拙政園管理所で園林システム緑化条線及び一線の養護技術者を主とした園林植物病虫害防治技能訓練を展開している。です。教授は理論から実践まで、大量の画像事例として、近年の蘇州市特に園林システムの高髪のアブラムシ、天牛、粉々、さび病、木腐症、笹衰退病などの一般的な病虫害の特徴、発病時期、一般的な発病樹種、防治方法などを詳しく紹介している。紹介と解読は、拙政園では、病虫害の予防と診療について経験交流を行いました。

近年では、拙政園の管理所は、「主を防ぐために、防治結合」の方針を堅持し、季節を分けて、段階を分けて観察し、病虫害発生、発展状況を密接に監視し、病虫害予報の仕事を行います。病虫源の基数。通年の緑化の養護計画に従って、精細化の管理の力を強化して、緑化の保護の隊列を組織して物理防治、生物の防治などの様々な防治方法を取って、早く着手して、早く消滅して、最高の時期に有効な防治を行うことを確保して、全面的に植物の病虫害の防治の仕事をしっかりと整えて、庭園の植物の景観の展示効果を向上させます。

今回のトレーニングは、システムの各単位の緑化養護者の現場の実際の観察、鑑別、捕獲、防治の能力を強化し、今年の通年の病虫害予防の仕事のために良い基礎を作って、また今後の病虫害対策のための仕事の順調な展開に大きな技術の援助と支持を提供しました。