情報公開動的情報
ZHUOZHENGYUAN - Dynamic
/ 動的情報 / 政府調達 /
拙政園のセルフ販売店の対外開放

近年、拙政園の観光地は海の内外の観光客の量が高い増加を続けて、観光客は観光地区のサービスに対する要求もますます高くなっている。効果を向上人観光客の満足度と庭園の観光快適性、拙政園管理局、蘇州市の庭園にある苏园観光の発展有限会社の支持のもとで、前期準備を通じて、正月事始め正式の対外開放拙政園セルフ販売不動。いち月きゅう、く日、朱炳飞副局機関の調査員、蘇州苏园観光の発展有限会社孙俊飞社長来場検査セルフサービス券システムの全体的な状況を指導し、関連問題について。

セルフ販売店は蘇州庭園博物館の通りに位置しています。内に8台のセルフ販売機が設けられています。内部の装飾、環境の配置は簡潔で実用的で、標識標識ははっきりとはっきりしています。拙政園チケット販売以外のほか、セルフ券売機も同時に提供する庭園システムじゅうよん家殘り後天子のチケット、観光客だけで自分のスキャン身分証をマイクロ手紙や宝を支払いができる購入、大きな窓を省いて並ぶ時間や各庭園の観光地区を票の苦しみを大幅に高めて奔走、た購入便利度。また、観光地は2017年4月に起用された東切符店4台のセルフ販売店で、全体の運行効果と観光客の反響が好調だった。

次に、拙政園管理処は真剣に研究の新しい時代の背景の下での庭園の観光地区のチケットの仕事の趨勢と特徴、情報収集、革新的なサービスの取り組みは、観光客に高品質のサービスを、絶えず向上観光体験度。