情報公開動的情報
ZHUOZHENGYUAN - Dynamic
/ 動的情報 / 政府調達 /
拙政園管理所固定資産管理システム成功

半年の緊張の企画?開発、試運転、拙政園管理処の固定資産管理システムを通じて検収じゅう月末に成功して、固定資産の棚卸仕事も同期に完成し、埋めた拙政園の国家として重点文保単位は、膨大な数の絵馬、書画、陳設家具などの文化財の骨董電子ファイルの方面の空白。

固定資産管理の仕事は一項の復雑で、容易に、易错仕事、どうすれば合理的、効率的、便利な管理の固定資産、固定資産管理制度を健全化、拙政園の管理所の近くの段階の仕事の重点。管理部門は当部門の実際状況から出発し、専門家は認証、創造的な仕事の思考、研究の決定は、情報化の手段として固定資産管理を実現することを決定する。各部門4ヶ月の努力と協力を通じ、固定資産管理システムは11月中旬から開始。

拙政園固定資産管理システムが固定資産情報ライブラリ、固定資産審査プロセス(資産増加、振り分ける、貸し出す、廃車など)、固定資産の棚卸等の機能を実現。資産管理システムは、各入庫の固定資産については、2次元コードには唯一の身分で、掃いコードは急速に資産情報を得ることができる。棚卸過程では掃きラベルを利用し、高速かつ正確に棚卸リストと実物に対応し、作業効率を向上させる。資産管理システムの使用を通じて、固定資産の空間の全過程と時間の全過程の有機的な統一は、固定資産の精密化、統一化管理を達成しました。

数か月来、当事者の共同の努力のもとで、拙政園資産管理システムの棚卸資産これで計入庫5700余件の各サイズ共ななじゅうカテゴリのアップロード資産画像資料万枚、是正デッバク既存固定資産情報若干条、予備見せた手紙息化手段の効率性と正確性、資産管理の仕事を管理処にまで高める新階段。