古今の人物公園の所有者
ZHUOZHENGYUAN - The Lord
/ 公園の所有者 / 名人 /
王献臣

王献臣、字が敬まで、番槐雨が降ったという。先祖の呉人、最前線籍よしあし卫だった。明谁六年(1493)のうち、歩行者、またきっ授职昇進を御史だ。にもかかわらず、彼出世順調ではないとされ、2度も東廠チュ?スホ事者謀略」1次拘束され、監獄、杖に三十を杭丞zoomaで。たった一度は谁(1504十七年)やzooma広東驛丞だった。正德元年(1506)を任永嘉知县移転しなければならない。后罷家居しなければならない。


 当時王献臣刚四十余り、働き盛りだ。帰郷後、彼は寧真道教寺院の跡地およびテホン寺の跡に造拙政园だった。独りに逍遥の横顔を見ていると、享なかの楽しみだった。


 67歳まで生きてい王献臣後、73歳前、嘉靖十八年~ 23年の間に、約70歳前後だった。彼の死后、息子は、一夜の不安は徐氏と関連して、孫名園でおくやみを业です。