文化の庭園詩・賦
ZHUOZHENGYUAN - Poetry
/ 詩・賦 / 集文 / 扁額 / 対聯 /
苏州好 调寄瞭望江南』

周瘦鹃

 

蘇州は良くて、拙政良くていた。四方荷風三面(水、赤裳翠蓋がそこら心である。炎夏惬幽廻る。园ノ中部、亭曰く「荷風四面」、お前は、赏を荷勝ヵ所だ。

 

蘇州は良くて、拙政良くていた。6卅鴛鴦のを见て、、浴波泳ぐ结同心だった。文の森。チ館溜め6卅おしどり館に直面している池に溜め池を広くおしどり約十対を撮影して浮いたをする。

 

蘇州は良くて、拙政良くていた。盆英盈花の最高級、潇湘一閣竹森森だった。清陰がいっぱいだ。留にいたって、闻いて閣一帯に数々の盆景バラエティーに富んでいる。「潇湘役」を竹ヵ所だ。

 

蘇州は良くて、拙政良くていた。扉がかちん宇馥郁展、谁と一緒に知人がある。れていて、それが横琴だった。西部が小轩作写された形たりしないようにと、創立都落ち曰く「誰かと一緒に軒」だった。

 

蘇州は良くて、拙政良くていた。月榭垈新に安置されたものだ。幽深結合よりも、中毒を见ても构えだ。园ノ東部拓に二十余りムー、鳩工庀材料、配置を一新させます;を通じて、中部、西部を组み合わせて见幽深より広い。

 

蘇州は良くて、拙政良くていた。民亲しきたれる百載、忠清王伟感動的な深さは、レギュラー賛美する今になって。李秀成太平天国の忠王は、開府中は、このためだ。

 

(周瘦鹃『拈花示衆集』)