情報公開動的情報
ZHUOZHENGYUAN - Dynamic
/ 動的情報 / 政府調達 /
拙政園「入場券+」プロジェクト

じゅうく日、「私を享拙政園の昆曲篇」が正式にある、李宅四進二階の大広間に古色、よんじゅう以上の客に陶酔した曲「遊園》に。古典を再現し高朋满座名園昔、度を曲吟よの活発なシーンを持って、観光客の独特な人文の体験。

「チケット+蘇式文化生活」シリーズに一度、新しい試み当日を迎える「昆劇編」は」私享拙政園」プロジェクトのアップグレード版を有効に含まれ庭園の中で文化の内包を「生きて」に、観光客のより直感的に参加して、収獲がもっと良い遊覧体験。

世纪のにじゅう年代と呼ばれ、"呉老生第一人」の张履谦の孙张紫東などいくつかの作曲家が共同で創立し「昆劇伝習所」で、当時の学生を募集し、のちに世代の「伝字辈」マスター。「伝字辈」という初日の場所、拙政园西花園卅六鴛鴦館で。拙「政園は、昆劇の揺りかご」と言ってもいい」。今回の拙政園発売の「私を享拙政園の昆曲編」プロジェクトは、十分に掘り起こして古典の庭園の内包を与えて価値をもっと多くて新しいキャリア、絶えず模索新たな経路を転化、その経済利益と社会利益。

拙政園「入場券+」プロジェクトの一次先行実行、今回のテーマイベント計画は毎日午前と午後の各手配、全体の活動は今年の年末まで続くことになる。活動期間、観光客はオンライン旅行業者のプラットフォームまたは線下券売チャネルの予約を通じて。未来、拙政園管理処は続々と発売さチケット+盆栽芸デモ、チケット+ VR(仮想現実)体験館など展示庭園文化情緒の特色インタラクティブ遊園プロジェクト。