観光客センター友情のリンク
ZHUOZHENGYUAN - Link
/ 友情のリンク / 補助的なサービス / 園林の入場料を / 独立した旅行 / 旅行ガイド / 旅行コース /
旅行コース

庭園の日帰り旅行

ストロークハイライト山水古典の江南庭園

一日の時間、拙政園は、座はまちまちの古典の江南庭園の事細かに閲覧1番、蘇州庭園の魅力を感じて。

暗渠青亭- >を見渡す亭- >兰雪堂- >芙蓉高殿- >天泉亭- >高粱香館- >緑さざ波亭- >待霜亭- >雪香云蔚亭- >荷風四面亭- >遠香堂- >刺繍綺亭- >聞い雨轩- >嘉实亭->が本当に亭- >玉蘭堂- >宜2亭- >浮き翠閣- >笠亭- >塔の影亭

東園ルート

ストロークハイライト:池广树茂は、自然の景色

東園の入り口は南端を経て、ポーチ、前庭、兰雪堂、すなわち進入園内。東側は面積サボっマダムの芝生、芝生の上土山西、木构亭、週りにつきまとって流水、岸柳に低く垂れて、間は石磯、立峰、臨水は建てて、曲桥水亭。北西土丘に密植黒松枫杨ぐらい、林西を高粱香館(茶室)。更に西と依壁の廊下に回復し、漏窗透景、洞門数箇所と市中区通じる。。

綴連峰- >高粱香館- >暗渠青亭- >芙蓉高殿- >天泉亭

中園回線

ストロークハイライト:ハスの花と回廊

中部の部分は全園の精華の所在を経てうねり、と早期拙政園が大きく変化と異なるが、庭園は水を主として、池の中に山、環池配置堂、高殿、亭、軒、基本的に続いて明代の構造。咸豊時代から「拙政園図』、同治年間「拙政園図』と『八旗光緒の年間奉直会館図』で山水の南のカイドウの春、聞く、玲がハリウッド雨轩館、ビワ園と小飛虹、小滄浪、听松風処、香洲、ハクモクレン堂など庭院の景観と現状の諸景は変わらない。だから拙政園中部の風貌の形成は、清朝末期の咸豊から光緒の年間。

山を見楼- >梧竹幽居- >聞い雨轩- >遠香堂- >小飛虹